犬が舌を出す理由

About me
下ペロ

ぼくが舌を出すとき。
いくつかの理由があります。
まずは温度調整のため。全身が毛で覆われているぼくにとって皮膚での体温調整があまり得意ではありません。
そのためあえて舌を出して体温調整をしているのです。
これは夏場のお散歩など暑いときに見られます。

続いては興奮しているとき。いつもと違う環境だったり、いつもと違うたくさんの人と会ったりするときに興奮して
舌を出しながらハァーハァーと息をすることがあります。これがストレスともなる場合があるので要注意です。
ぼくの場合は飼い主さんに抱っこしてもらうと落ち着きを取り戻します。

相手に対して敵意がないことを示すため。これはあまりぼくはしないのでおそらく飼い主さんは見たことがないでしょう。
ただ犬の習性としてはこんなものもあるみたいです。

あとは、リラックスしているとき。心からリラックスしているとついつい舌が出てしまいます。
ぼくの場合は気持ちよく寝ているときや飼い主さんとゆっくりしているときなどに見られます。
ちょびっと舌を出している様子が可愛らしいとよく言われます。
そんなにちょくちょく見られる光景ではありませんが、時々しているので、そんな舌ペロのぼくを見られたらラッキーです。

その他にも病気のサインであったりもするそうなのでその場合は要注意ですね。
ぼくは人間の言葉がしゃべれない分様々な形でサインを送っています。
飼い主さん、そんなぼくのことをよーく観察していつもと違うところはないか、今日の体調はどんな感じかなど、
察してくれると嬉しいな。
表現力が豊かなぼく。その一つひとつを汲み取ってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました