ぼくができること

About me
テレビっ子

ぼくが夢中になっているのは…テレビ!
画面越しにこの世界と同じ光景が観られるなんて本当に不思議です。
はるか遠くの映像をいとも簡単に観ることができる機械を発明する人間の脳は
ぼくには計り知れないほどの可能性があるのだと感じました。

人間の脳は10%ほどしか使われていないという神話がまことしやかに囁かれているけれど、
潜在能力や可能性を考慮したらありえる話かもしれないと思えます。
これまで人間は様々なものを作り出し、他の動物とは違う道を歩んできました。
自分たちの力でより生活を豊かにできるようなものを生み出し、地球が生まれた時には
考えられないくらいこの世の中は変化してきました。というより変化し続けています。
人間にとって豊かな生活を手に入れるということは、一方で大きな代償を払っていることも事実です。

現に自然を破壊し、環境までも変えてしまっているのですから。
例えば熱い夏の日や寒い冬の日には欠かせないエアコン。
これがあることにより、家の中は季節を問わず非常に快適に過ごすことができます。
ぼくもその恩恵に与っている者の一人です。
しかし、エアコンを過剰に使うことにより電力を消費し、その分二酸化炭素を排出してしまうのです。
この二酸化炭素などの大気中に存在する温室効果ガスにより、いままで保たれていた自然のバランスを
ことごとく崩し、温暖化現象を引き起こし自然を壊しています。

ぼくには、人間は便利なものを生み出す素晴らしい脳を持っていますが、
その一方で自らの手で大切な地球を破壊しようとしているように見えてしまいます。

良かれと思って生み出したものかもしれませんが、使い方を誤るととんでもない方向に進んでいってしまう…
恐ろしいことです。
誰もこの大切な地球を破壊することは望んでいないし、自然の中で生きる動物の命を根絶しようとは
思っていないはず。
でも知らず知らずのうちに誰かを、何かを苦しめているのかもしれません。

では、どうすればよいのでしょうか。
ぼくにはまだその答えはわからない。
でも考えることが大切なのように感じます。
ぼくの脳は人間に比べると相当に小さいし、できることも僅かですが、
微力ながら考えたり、飼い主さんの手を借りて何かを発信することはできます。

ぼくにできることを精一杯やっていきたいと思う今日この頃です。


コメント

タイトルとURLをコピーしました