もう少し歩くか、抱っこか

About me
歩くか?抱っこか?

ぼくのお散歩、出だしは猛ダッシュして中盤は周りのにおいや景色を楽しみながら早歩き。
だんだんとゆっくりになり、疲れてくると一旦立ち止まって考えます。

もうちょっと歩こうか、それともここで切り上げて飼い主さんに抱っこしてもらうか。

飼い主さんはどちらでもいいと言ってくれるのでぼくの意志に任せられています。
一度飼い主さんの方を見て考えます。
どうしようかな。
迷うときはとりあえずもう数歩歩いてみて様子をみます。
うーん。もうちょっと行けそう!と思うと気を取り直して前進しますが、
やっぱり今日はもういいや、と思うときもあります。
どちらを選ぶにせよ、飼い主さんはぼくの選択を快く受け入れてくれます。
最後まで一生懸命に歩くぼくも疲れて抱っこになるぼくもどちらも大好きらしいのです。

自分で選んでいいよ、と意志を尊重してくれるので、
少しずつですが自己判断能力がついてきました。
お散歩もそうですし、ごはんもそうですし。寝る場所も。
ただまだ自分では制御できないことがあります。それはお菓子やガム。
くれるのならいくらでもほしくなってしまうのです。
歯止めがきかないとはまさにこのこと。
自分ではコントロールできないので、飼い主さんに制御してもらっています。
ガムは歯磨き代わりでもあるので毎日1本まで。
クッキーは多くても3個まで。毎日は食べません。
その代わりごはんは朝晩2回しっかり食べます。
やっぱり間食よりメインをしっかり食べていた方が腹持ちがいいし、身体の調子もいいです。
ぼくはスリムですが、油断するとすぐに太ってしまいます。
特におなかの上あたりがふくよかになるのと、体重にあらわれます。
飼い主さんは毎日ぼくを抱っこしているのでいちいち体重を計らなくてもだいたいはわかるみたい。
ちょっと重さを感じるとお菓子の制限をかけたり、お散歩のときにあえていっぱい歩けるように時間をたくさんとってくれたり。
ぼくがたくさん動けるようにお外時間を増やしたり、おうちの中でも一緒に遊ぶ時間を増やしてくれたり。
ぼくのダイエットや健康のためなら何も惜しまない飼い主さん。
そんな飼い主さんですが、自分のこととなるとついつい甘やかしてしまうみたいで、
なかなかダイエットに成功しません。
この際だからぼくと一緒にダイエットしようよ。
誰かと一緒だったらもう少しは頑張れるでしょ?
そんな思いを込めて飼い主さんのことを見つめるのでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました