はじめてのトリミング

About me
別人のよう

伸び伸びになっていた髪の毛を初めてカットしてもらいました。
ぼくの髪の毛はトリミングサロンで切ってもらえるようです。

初めての経験。
しかも飼い主さんと離ればなれの時間で心配…
どうなっちゃうのでしょう。

シャワーの音にバリカンの音、ハサミの音。
音に敏感なぼくにとっては少々刺激が強すぎる。
さらに顔に水をかけられるのも、顔周りの毛を切るのも嫌だし。
怖くなって震えが止まりません。

怖いとどうしても腰が引けてしまいます。
地べたにぺたんと身体をくつけて、小さい抵抗をしてみますが、
あまり効果はなく、作業を進められます。

とりあえず、声は出さない主義なので、
そこは褒めてもらえました。

我慢の時間は、約4時間。長かった。
漸く終了して飼い主さんが迎えに来るのをじっと待っています。
早く来て。このまま誰もお迎えに来なかったら…なんて
最悪の状況を思い浮かべてネガティブな気持ちになってしまいました。

そんなぼくのマイナスな気持ちを払拭してくれるように
飼い主さんは、終了の連絡を聞くとすぐに迎えに来てくれました。
飼い主さんの顔を見て、安堵の気持ちが押し寄せてきます。
すかさず定位置の肩の上へしがみつきます。

頑張ったぼくのことをめいっぱい褒めてくれる飼い主さん。
トリミング記念に写真とシャンパンを一杯。

髪の毛をカットしてもらい、別人のように変身したぼく。
切ってみると顔周りはグレーの毛になっていました。
ぼくはミックス犬でヨークシャーテリアにマルチーズが混ざっているので、
毛の色は、黒・茶・白・グレーが交じり合ったような色をしています。
今までは、ヨーキーの要素が強く出ていると思っていましたが、
クリッとした目に加えて白い毛のマルチーズっぽさもしっかりとあります。

そんなぼくを見て、
「さらに可愛くなったね」
と言ってくれる飼い主さん。

頑張ってよかったと心から思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました