おもちゃが・・・

About me
おもちゃの修理

先日買ってもらった小鳥さんのおもちゃ。
とっても気に入って毎日噛み噛みしていたら
お尻の部分がほつれてきてしまいました。
中にパンパンに詰め込まれていた綿もちょろっと出てきてしまって・・・
このまま放置していたら悪化していく一方。
それを見つけた飼い主さんはすぐに修理にとりかかりました。
裁縫はあまり得意ではない飼い主さん。
どうやったら綺麗に元通りになるか試行錯誤です。
とりあえず針と糸を準備。
縫い合わせる前にまずは出てきてしまっている綿を中に押し込めます。
これもまた一苦労。
開いてしまった小さい穴にふわふわの綿を少しずつ詰め込みます。
指だとうまくいかないので、針のような細いニードルを駆使して
本当にちょっとずつ、中へと入れていく。
時間をかけてやっとの思いで綿を詰め込むことができました。
これで終わりではありません。
むしろここから本番です。
小鳥さんの色に合わせてクリーム色の糸を用意して針に通します。
そして縫ったときに糸が止まってくれるよう玉結びをするのですが、
まずそこから苦手な飼い主さん。
中途半端な所に玉結びしてしまい、早速糸を無駄にする・・・
仕方がないので必要のないところをはさみで切って漸く縫い作業が始まりました。
とりあえず穴を塞げればいい。
そんな考えで縫い合わせていく。
補強も兼ねているので何度も糸を行ったり来たりさせて直していきます。
お世辞にも上手とは言えないですが、
なんとか穴は塞ぐことができました。
少し不格好ですがそれもご愛嬌。
最後に玉留めをして終了です。

修理が完了した小鳥さんを持ってぼくの所に駆け寄ってきます。
うーん。まぁまぁかな。
ぼく辛口で評価します。
でもまぁこれでまだまだ使えそうです。
完全に壊れる前に修理ができてよかった。
ぼくはこのおもちゃが気に入っているのでこうやって直しながら
なるべく長く使っていけるようにしたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました