飼い主さんとの時間

About me
あまえんぼう

飼い主さんが帰ってくるとそばにいたくて仕方がなくなります。
膝の上に抱っこ知ってもらったり。
腕枕してもらったり。
とにかくくっついていたいのです。

飼い主さんがお仕事で家を空けている間、
おうちの警備をしながら首を長ーくして飼い主さんのお帰りを待ちわびていました。
飼い主さんが帰ってくるとまずは玄関でお出迎えです。
目を輝かせて尻尾を全力で振って嬉しさをMAXで表現します。
飼い主さんに身体をくしゅくしゅと触ってもらい上機嫌。
もう構って欲しくて仕方がありません。
だってさみしかったんだもの。
ちゃんとお利口さんで待っていたからここぞとばかり褒めて欲しい。
そんな気分です。

飼い主さんがおうちに帰ってきたらぼくは飼い主さんを独占できます。
もうこうなったらこっちのもの。
たくさんわがままを聞いてもらいます。
ぼくが抱っこしてほしいとせがんだら抱っこしてくれるし、
遊んで欲しいといったら一緒に遊んでくれます。
あぁなんて楽しいのでしょう。
やっぱりぼくは飼い主さんとの時間がいちばん好きです。
この時間がいつまでもいつまでも続けばいいのにな。
そんなことを思いながら飼い主さんとの時間を大切に過ごすのでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました