行きつけのお店での時間

Let's go out
行きつけのお店

ぼくの飼い主さんは、外食が大好きです。
ぼくがこのおうちに来る前は、暇さえあればお外ごはんを楽しんだり、
夜通し飲み明かしたりしていたようです。
身体壊しそう…
お酒も大好きで、よくよく飲みすぎては後悔しています。
いい年して飲みすぎるとは…呆れてしまいます。

そんな飼い主さんもぼくとの出会いによって生活に少しは変化が生まれたようです。
圧倒的に外ごはんの時間が減り、おうちで料理をつくってぼくと一緒に食事をすることが主となりました。
それでも時々は外に出たいよう。
そのような気分の時は、基本ぼくが同伴できるお店を探してくれます。
ここ横浜には、ペット可の食べ物屋さんがたくさんありますので
ある程度選ぶことができるのが嬉しいところ。
新しいお店を開拓することもあるのですが、たまたま以前から通っていたお店に
テラス席があり、なんとそこならぼくもOKなのです。
なんとありがたいのでしょう。

飼い主さんは常連さんなので、お店の人たちと仲良しだし、ぼくのことを可愛がってくれるし、
ここは居心地がとってもいいです。
今回もこちらにお世話になっています。
飼い主さんは美味しそうにビールを飲んでいます。
そう、飼い主さんはお酒の中でもビールが大好き。
運ばれてくると、目を輝かせてぼくに
「カンパーイ」
と声をかけます。

ぼくは水しか飲んだことがないのでその美味しさはわかりませんが、
飼い主さんはビールに魔法の飲み物という称号を与えているところを見ると
ぼくには計り知れないほど美味しい飲み物なのでしょう。
ちょっぴり飲んでみたい気持ちもありますが、
飼い主さんからきつくダメと言われているので、
無理しないことにしています。

それから少々ごはんが運ばれてきて飼い主さんはそれを堪能しています。
来るたびに違うものを食べていて、ぼくも~と思うこともありますが、
ぼくには絶品ドッグフードがあるから大丈夫。
飼い主さんは飼い主さんの、そしてぼくはぼくの最高の食べ物を食して
同じ時間を刻むことこそぼくの最高の幸せなのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました