鹿の角に食らいつく

About me
食らいつく

最近興味を失っていた鹿の角。
久しぶりに食らいついてみました。
コレはやっぱりいい!
噛み応えが抜群で本当にくせになる。
一度は飽きてしまって飼い主さんが出してきてくれても見向きもしていなかったのですが、
ふと思い出して噛んでみると、またしてもはまってしまう。
第二ブーム到来です。
ガリガリガリと音をものすごい音を鳴らしながら食らいついてきます。
歯がすり減ってしまうのではないかと飼い主さんは心配の表情でぼくを見つめています。
大丈夫。
だってぼくの歯は飼い主さんが思っている以上に頑丈で強いんだから。
ちょうどいい位置を見つけて手で器用に押さえてさらにガリガリガリ。
自分でうまく固定できないときは飼い主さんの手を借りて一緒に固定します。

飼い主さんには何がいいのかわからないみたい。
ただの角。
美味しいわけでもないし、しゃれているわけでもない。
いたって普通の角です。
でもぼくにとっては大切な角。
すり減ってしまってもこれだけは大事にしていこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました