魔法の椅子

About me
お行儀よく

ぼくはいつでもお行儀よくしています。
だから飼い主さんはどこにでもぼくを連れていってくれるし、
ぼくのことを自慢のうちの子と思ってくれています。

飼い主さんはぼくを本当に色々な所に連れて行ってくれます。
ぼくにとっては初めて尽くし。
ちょっぴり緊張しますが、いつもぼくの隣には大好きな飼い主さんがいてくれます。
だからぼくはいつでもいい子にしていられます。
飼い主さんの膝の上に乗っていると不思議と緊張や不安が解けていって
落ち着きを取り戻すことができるのです。

ぼくにとっては魔法の椅子。そして一番好きな場所。
誰の膝の上でもいいわけではありません。
ぼくにとっては飼い主さんの膝の上と他の人のそことは全然違います。
何が違うのかを言葉で言い表すのは難しいのですが、全然違うのです。
ぼくは目をつぶっていてもそれが飼い主さんの膝の上なのか、他の人なのか見分けがつきます。
すごいでしょっ?

ぼくの魔法の椅子。
今日もそこでゆっくりと過ごしたいな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました