舐めるという行為

About me
なめなめ

毎日毎日飽きずに舐め舐めしているぼく。
お犬様は皆さんこうなのでしょうか?
ぼくは飼い主さんの手や顔を舐めるのが大好きで仕方がありません。
抱っこされているとき、隣で寝ているとき、
手を差し出されたときなどあらゆる場面でぺろぺろと舐めています。
そのときによって意味合いはちょっと変わってきますが、
たいていの場合は自分の心を落ち着かせたり、
飼い主さんへの愛情表現のためにしています。
ぼくの舌はベトベトしないから
たくさん舐めても飼い主さんに嫌がられることはありません。
だからぼくの気が済むまで舐め続けます。

しゃべれない分、この舐めるという行為で
いろいろなことを飼い主さんに伝えているのです。
ぼくにとっての言葉と同じ。
舐める速度や時間、どこを舐めるかなど
あらゆる小さな違いで使い分けてぼくの意志を伝えています。
最初はちゃんと伝わるのか心配でしたが、
案外ちゃんと通じています。
特に飼い主さんはよくわかってくれています。
たとえ言葉がしゃべれなくても
その他で伝えられるツールというのが用意されているのですね。
やっぱり神様ってすごいな~
ぼくに舐めるという行為を授けてくれてありがとうございます。
これからもこれで飼い主さんとコミュニケーションを取っていきたいと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました