寄り添う犬

About me
看病中

年末年始、体調を崩していた飼い主さん。
いつもぼくの身の回りのことを一生懸命お世話してくれている飼い主さんのために
今回はぼくが看病することに決めました。
といっても何ができるか・・・。

考えた末、2つのことをすることにしました。
まずは、いい子でいること。
飼い主さんの手をなるべく煩わせないよう極めていい子でいることにしたのです。
わがままを言ったり粗相をしてしまったりすることのないよう細心の注意を払って生活しました。
ぼくがいい子でいると飼い主さんは必要最低限のお世話で済みますからね。
これはありがたがられました。

次にしたことは寄り添うこと。
家にいるときのほとんどの時間を寝る時間に充てていた飼い主さん。
辛そうにしていたので近くに寄り添って一緒に寝るようにしました。
いつも一緒ですが、いつもよりも近くにいる時間を増やして隣で一緒に寝るように努めました。
ぼくが隣にいると飼い主さんはとっても落ち着くそうです。
そして幸せを感じるらしいのです。
そのことをよーく知っているぼくができること。それが寄り添うことでした。

犬のぼくにはなにもできないと思う方もいるかもしれません。
でもそんなことはないのです。
ぼくだって飼い主さんのためにできることがあって、看病することができるのです。
早く快復して元気な飼い主さんと一緒にたくさん遊びたいな。
そんな日が一日も早く訪れるよう今はそっと寄り添って飼い主さんとの静かな時間を過ごすことにします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました