似ているところ

About me
埋もれる

ぼくの身体にはちょっぴり大きいベッド。
中に入ると埋もれてしまいます。
でもフカフカだし、どんな格好でも寝られるので重宝しています。
ぼくのお気に入りの寝スタイルがいくつかあります。
まずは縁に顔を乗せて寝るスタイル。
ちょうど写真のような状態です。これは顔の重さを預けられるし
とっても楽ちんな格好です。
これが一番よくする寝方かな。
あとは中に入って手足を思いっきり伸ばして横になるスタイル。
これも気持ちがいいです。
体中でリラックス。疲れがとれてスッキリします。

音に敏感なぼくですが、飼い主さんが一緒だと少し音がしても
寝ていられます。
飼い主さんの声はぼくにとっては眠るときのBGM。
そんなに気にならずにいられる。
でも知らない人の声が聞こえるとピクッと起きてしまう。
つまり声の質をちゃんと聞き分けているのです。
特に飼い主さんの声はもうすっかりインプットしています。
そんなぼくでも時々間違えてしまうのが飼い主さんの妹さんの声。
とっても似てるんです。
本人たちはそんなに気にしたことはないようなのですが、
耳に自信があるぼくでも間違えるくらいだから相当似ているのだと思います。

飼い主さんは妹さんのことが大好き。
だから似ている部分があってそれを
「似ているね」っていわれるととっても嬉しいんだとか。
顔や性格はあまり似ていないので小さな似ているところを発見すると
にやっとしてしまう。
年を重ねてもこの想いは変わらないようです。
姉妹っていいな。
ぼくの兄弟は今どこで何をしているんだろうな。
みんな生き別れてしまいましたが、
ぼくのように幸せに暮らしているといいな。
それを願うばかりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました