ぼくからのサイン

About me

お腹が空いているときは自らガツガツ食べる。
飼い主さんの手を借りずに自分で。
途中ちゃんと噛んでることを飼い主さんに見せるために
飼い主さんの目を見ながらカリッカリッと音を立てて食べてみせます。
そうするとぼくに向かってニコッと笑顔を返してくれます。
こうやって食べるのがぼくのスタイル。
あまりお腹が空いていないときやごはんに興味がないときは
飼い主さんが一粒ずつぼくの口へと運んでくれます。
こうやって食べるのも好きな甘えん坊のぼくです。

飼い主さんがちゃんと見ていてくれているときは
こうやってちゃんとその場で食べきることができるのですが、
目を離していると・・・
ごはんをソファやベッドに運ぶクセがあります。
それを食べるわけでもなく、目の前に置いておく。
不思議な行動でしょっ?
最近そういった行動を取るぼく。
どんな意味があるのかな~
調べてみると様々な意味があることがわかりました。
その中で一番当てはまりそうなのが・・・
「寂しいから」。
これだ!!
そう、ぼくは元来甘えん坊。
ごはんも飼い主さんと一緒がいいのです。
飼い主さんわかってくれるかな~

ぼくの行動を見て、そして調べて。
理由がわかると飼い主さんはすぐに見直してくれました。
それ以降ぼくのお食事の時はいつも一緒にいてくれる。
ちゃんと見ていてくれるようになりました。

気づいてくれてよかった~
これでぼくは安心してお食事をすることができます。
言葉でやりとりができない分、ぼくの行動を見て何らかの意味を見出してくれる飼い主さん。
いつもありがとう。
ぼくはいつだって飼い主さんにサインを送っているんだよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました