リラックスタイム

About me
ぐったりんこ

リラックスタイムでの体勢その①。
顔をもたげる。
飼い主さんの腕がある場合はその上に、
ない場合は布団やソファの縁、枕など少し高くなった場所に顎を置く。
重たい頭をどこかに預けるととってもリラックスできます。
人間と一緒ですね。
おうちでのリラックスタイムではどんな格好をしていても誰も何も言わないし、
気兼ねなく、無防備に過ごすことができます。

こうやって休む時間がぼくにはとっても大事。
体力を温存しているのです。

リラックスしているときのぼくのことも飼い主さんは好きだと言ってくれます。
活動的な時とリラックスしている時とでは目が違うみたいです。
活動的な時は丸い目をキリッとしてなんでもやるぞっといきごんでいる様子が窺えるのに対し、
リラックスタイムではめがトロンとしてつぶらな瞳がウルウルとしています。
どちらのぼくの目も好きみたい。
目はぼくのチャームポイントの一つですからね。
ちなみに飼い主さんはぼくの目を見ていると考えていることがなんとなくわかるのだそう。
ぼくには目で訴えかける力があるみたいです。
そのために大きな目で生まれてきたのかな。
言葉の代わりにこの大きな目を使って飼い主さんとコミュニケーションをとることができています。
神様、ぼくに大きな目を与えてくれてありがとう。
これからもこの目を大事にしていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました