小さいのチロちゃん

About me
小さいチロちゃん

飼い主さんは、ぼくのことを時々、
「小さいのチロちゃん」
と呼んでくれます。

このおうちに来たときは、わずか0.8㎏でした。
それから順調に体重を増やしています。

ぼくは、そこまでごはんに興味はありませんが、
飼い主さんは適量を毎日与えてくれます。

まだ小さいぼくには、ドライフードは硬すぎるので、
食べられません。
だからお水で少しふやかした状態で出してくれます。
これだと食べやすくて、あっという間になくなってしまいます。

たぶん秒速で食べ終わっていたと思います。
しっかり食べるぼくを見て、飼い主さんが喜んでくれるので
ぼくも嬉しいです。

まだまだ成長できそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました