お膝の上で。

About me
お膝の上

飼い主さんのお膝の上。
ここは車の中です。珍しく飼い主さんの運転ではなく、お兄ちゃんの運転で
おうちまで向かっています。
飼い主さんとぼくは助席です。
飼い主さんのお膝の上に乗っていれば安心してドライブを楽しむことができます。
車の中はいろいろな音がして落ち着かないことがありますが、
飼い主さんの側にいるときはわりと落ち着いていられるぼく。
その前までたくさん歩いてたくさんはしゃいでいたのもあって
車に乗るなり眠くなってきました。
フセの状態になり、飼い主さんの腕に顔を乗せて眠る体勢に。
車の中で眠るなんて珍しい。
本当に疲れている時くらいしか眠りません。
今日はそんな日なのです。
ここで身体を休めて車から降りたらまた元気に活動をする予定。
体力を温存しているのです。
おうちの近くまでくるとぼくはちゃんと察知します。
今まで気持ちよく寝ていたのにムクッとおきて辺りをキョロキョロ。
なんだか落ち着かない。
もうすぐだよね、もうすぐおうちに着くよね。
飼い主さんにお伝えします。
飼い主さんはそんなぼくを見て、
「おうちがもうすぐだってわかるのね、チロはすごいね」
と言ってくれます。
雰囲気と景色とにおいとでぼくはちゃんとわかっているのです。
そこをまっすぐ行って右に行って・・・少し進んだらおうちだね。
おうちに着いたら何をしようかな。
おもちゃで遊ぶ?飼い主さんと戯れる??
おやつなんかくれないかな?
いろいろなことを想像してなんだか心が躍ります。
早く早く。
急かすように飼い主さんの肩に飛び乗って、少し早いですが降りる準備。
ぼくはいつも5分前行動。
飼い主さんに抱っこされながら降車しておうちの中に入ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました