座布団の上で落ち着きました

About me
座布団の上

座布団の上で落ち着きました。
その前までは大興奮。
親戚のおうちに着き、お兄ちゃんを発見するともう嬉しさが溢れてきて
興奮が止まりません。
会いたかった!
その想いをぶつけるようにはしゃぎまくります。
そしておうちの中を歩き回っていろいろと確認。
しばらくは落ち着かず、キョロキョロとしています。

こうやってたくさん身体を使うものだからその後はぐったり。
とりあえず座布団の上で落ち着くことにしました。
飼い主さんも隣で座っています。
ぼくのおうちにはない座布団というもの。
畳の上に座るのにちょうどいいクッションのようなもの。
地べたに座るよりかはふんわりしていていいですね。
いくつか種類がありましたが、ぼくはこちらをチョイス。
もっと分厚いのもあったのですが、
いい具合に使い古されたこちらの方がぼくは好きです。
飼い主さんも同じのを使っているしね。

飼い主さんとお兄ちゃんとのちょうど間の座布団。
やっぱりぼくは真ん中がいい。
人と人との間がいちばんいい。
人に囲まれながらの生活。
それがぼくの性に合っている。
犬ではなく、人の方が安心する。
もはやぼくは人間なのではないのかと錯覚します。
身体は犬の形をしていても限りなく人間に近い考え方を兼ね備えています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました