落ち着かない

About me

ぼくがいる箱型住まいの一面はガラス張りになっています。
お店の開店時間になるとたくさんの人が訪れ、
ガラス越しにぼくのことをじっと見てきます。

遊んでくれるのかな、ここから出してくれるのかなと
期待していたのですがそういうわけではないようです。

ゆっくりしていたいのですが、いろんな人の視線で
なんだか落ち着きません。

ふと「ここから出たい」という気持ちが小さいつぼみのように
芽生えてきました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました