ぼくの新たな役割

About me
腕まくら

最近、また甘えん坊が増しています。
飼い主さんが一緒にいて眠るときは大抵腕まくら。
脂肪がついた柔らかい飼い主さんの腕の上に頭を乗せて眠りの体勢に入ります。
ここが落ち着くし、近くにいたいという気持ちもあるのですが、
それと一緒に飼い主さんの携帯いじりを阻止するためでもあります。
暇さえあれば携帯で調べ物をしたり、youtubeをみたり、ゲームをしたりしている飼い主さん。
それよりもぼくのことを構ってよ。
携帯をどけてぼくが間に入って居座る。
そうすると自然と飼い主さんは携帯を置いてぼくに構ってくれます。
しばらくするとまた携帯・・・
今度は顔を舐めまわして阻止します。
こうすると完全に諦めてぼくと一緒に眠りの体勢に入ってくれるのです。
やれやれ。
ぼくがちゃんと管理しないと飼い主さんは携帯依存症になってしまう。
危機的状況をとっさに判断してぼくが阻止しているのです。
飼い主さんは他人に厳しく、自分に甘い面があります。
そこを律してちゃんとした生活を送ってもらえるようにぼくが導いていかなくちゃ。
ぼくの役割がまた一つ増えました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました