ぼくの才能

About me
犬苦手克服

世の中には様々な価値観、考え方の人がいます。
犬好きな人、猫好きな人、その他の動物好きな人がいれば
逆に犬嫌いな人、猫嫌いな人、その他の動物嫌いな人もいます。
それはごく当たり前なこと。何の不思議もありません。
ぼくだってそのことはわかっているので分別ある行動をとります。
例えばぼくみたいな小型犬のことが大好きな人にいは近寄って撫でてもらえるように
可愛さアピールをしますが、反対に苦手意識のある人の所へあえて近づこうとは思わないし、
怖がらせるようなことはしません。

飼い主さんの周りには比較的犬好きな人が多く、基本はどなたにも近寄っていきますが、
中には苦手意識がある友だちがいることも確かなので、そのあたりは慎重に行動しています。
この前もヨガを通してお知り合いなった友人が数人うちに遊びに来たのですが、
ぼくに対してどう接していいのかわからないという方がいらっしゃいました。
どうやら犬にあまり良い思い出がないようで…。
その友人に対しては、ぼくはあえていい距離を保って、暴れることなく静かにしていました。
そうしたら少しずつぼくに慣れてきてくれたようで、
途中からは隣に座って頭をなでなでしてくれました。
少しは犬に対しての警戒心が解けてくれたようで嬉しかったです。

このように犬に対して苦手意識がある方でもぼくは大丈夫だと言ってくれるというケースが
けっこうあります。
それはぼくがその人の感情や思い、心の中の考え方を汲み取って瞬時に察知し、
その人に合わせた行動をとっているからでしょう。
こんなぼくとであったら犬もいいもんだぁと思ってくれるはずです。
実際、飼い主さんもそう。
飼い主さんは犬が苦手というわけではありませんでしたが、
ペットとして迎え入れるのに犬にしようかそれとも猫にしようか、はたまたウサギにしようか
かなり悩んだのだそうです。
でも結局ぼくとの運命的な出会いを果たして犬との生活を選択することになりました。
出会ったのがぼくだったからこそ犬との生活をすんなり受け入れることができたのだと思います。

ぼくはその人の人生までも変える存在なのだと飼い主さんから教えてもらいました。
ぼくとしては何ら特別なことはしていないのですが、飼い主さんはぼくが様々な人の心を覗いて
癒す能力がある、才能があると絶賛してくれます。
飼い主さんから教えてもらった能力を神様からいただいた賜物として大切にして、
この能力を生かしてたくさんの人たちを癒していけたらいいなと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました