ぼくのごはんタイム

About me
食欲旺盛

最近は、お食事の時間が待ち遠しくて仕方がありません。
飼い主さんがごはんにしようかと声をかけてくれると
嬉しくて嬉しくてたまらなくなり、何をしててもそっちのけで
飼い主さんの元へ駆けつけます。

たとえ寝ていても、クッションで遊んでいても、鹿の角をカミカミしていても
一旦中断。
ごはんへとまっしぐらです。

お座りをして、お手、おかわり、ちょうだいのポーズを難なくこなし
いいよと言ってくれるまでちゃんと待ちます。
一度だけお腹が空きすぎていて普段は出さないよだれが垂れてしまったことがあります。
たらーん。
飼い主さんもぼくも一瞬何が起きたのかわかりませんでしたが、
床を見てみるとぼくの口の舌に水滴が…
少量でしたがよだれが垂れていました。
飼い主さんはニッコリ笑いお腹が空いたんだね、と優しく声をかけて
ぼくがごはんを食べることを赦してくれます。

ぼくのごはんの時間は本当に一瞬の出来事。
あっという間に飼い主さんが用意してくれたごはんをペロリと完食してしまいます。
ドライフードの硬さもなんのその。
強い歯でガシガシ噛んでいきます。
ぼくのお食事中によく飼い主さんはカミカミしてね、と言います。
お腹が空いているぼくは意識しないとごはんをどんどん丸のみしてしまい、
食べて早々に吐いてしまうということがあったのでそれを心配してカミカミしてと声をかけてくれるようになりました。

飼い主さんが言ってくれる言葉はたとえお食事中でも聞き逃しません。
ぼくはその言葉通り、思い出したかのように音を鳴らして噛むようにしています。
ぼくがしっかり噛んでいる音がすると飼い主さんも安心するみたいです。
そうやってごはんを美味しく食べたぼくはお水もちゃんと飲んで、満腹となります。
満足気にベッドへと向かってゆっくりタイムの開始です。

今まではあまりごはんを食べなかったぼくですが、今のドライフードは大好き。
ごはんに興味がなかったぼくに色々なごはんを試してくれてやっとたどり着いた美味しいごはんです。
飼い主さん、めげずに色々なドッグフードを試してくれてありがとう。
おかげでごはんに興味を持つことができたし、ちゃんと残さず食べられるようになりました。
当分はこのドッグフードで落ち着きそうです。
またぼくが興味を示さなくなったら違うドッグフードに変更になるでしょう。
その時までは安定のネイティブドッグさんのプレミアムチキン、ダイエット用です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました