我が家のお坊ちゃま

About me
我が家のお坊ちゃま

髪を切ってより一層お坊ちゃま感が増したような気がします。
耳の毛を短めに切りそろえてもらったら
おかっぱのようになったからかな??
それとも顔周りがスッキリしたからかな?
いずれにせよ、なんだかさらに若返ってみえるのです。
いつだって年齢不詳のぼく。
身体が小さいし、痩せ型なのでお散歩中に出会う方や話しかけてくださる方から
「何ヶ月??」と聴かれることがほとんど。
未だにパピーちゃんにみられがちなんです。
7歳だとお伝えすると皆さん決まって驚かれます。
歳なんて関係ない、とも思うのですが、
若くみられるのはやっぱり嬉しいもの。
尻尾を振って嬉しさアピールをしながら感謝の気持ちを伝えるようにしています。

見た目は年齢不詳ですが、
歳と重ねると共に変化はあります。
疲れやすかったり、寝る時間が増えたり。
好き嫌いがハッキリしてきたのもそうかな?
飼い主さんは一緒に生活しているとぼくのちょっとした変化に気づくんだって。
そして年相応の対応をしてくれて労ってくれます。
無理はしないようにしているし、
ある程度の健康を気にしているので
まだまだ元気でいられる。
ただいつ何が起こるのかわからないのが命というものです。
年齢が増えていく度にそのリスクが高まってくる・・・
その覚悟はしているつもりですが、
全く実感がないのでいざ何かが起こったら
飼い主さんはさぞかしパニックを起こすのでしょうね。
なんだかその様子が手に取るように想像できてしまいます。
まぁそのときはそのとき。
元気な今を大切にしよう。
できるときにできることを精一杯悔いのないようにやっていく。
そうすることで残されている命の時間がより一層輝かしいものになるのだと思います。


コメント

タイトルとURLをコピーしました