最新の機械たち

About me
ごはんの前

ごはんの前は飼い主さんから言われなくてもお座りをして待っています。
いつもそうだから。
もう慣れっこです。

大人しく待っているぼくがあまりにも可愛かったのか写真を撮ってくれました。
斜め上から撮るととっても可愛く写ります。
まるで幼い頃のよう。赤ちゃんみたいに愛くるしい姿。
写真って不思議ですね。
角度や場所によって写り方が変わってくる。
また最近は高性能、多機能のおかげで多種多様に加工を施すことができます。
もはや実物とはかけ離れた写りになることも。
ぼくは特に加工をする必要もないのでありのままを撮ってもらっていますが
飼い主さんは多少の加工が必要のよう。
もう年ですからね。
少しでもよく見せようと必死です。
とはいうものの世間一般からすると多くの機能を使いこなせていない飼い主さん。
もったいないな。
こういうのを宝の持ち腐れというのでしょう。
そんな感じなので最新機種が必要なわけでもなければ、高性能な機械が必要なわけでもありません。
どちらかというと単純明解、操作が極めてわかりやすいものの方を好む飼い主さん。
例えばスマートフォン一つとっても、操作がある程度わかっている同じメーカーのものしか購入しないし、
買い換えは壊れて使えなくなるか、使用時に何らかの支障をきたすようになったとき。
型が古くなっても構うことはありません。
それよりも使い慣れているものを長く使うタイプみたいです。
とはいうもののもうそろそろ買い換えた方がいいのでは?
飼い主さんの使っているスマートフォンはバッテリーを持ち歩かないとすぐに充電が切れてしまうし、
以前落としたときに負った液晶のひび割れも心配です。
貴重なデータが急に飛ばないようにもう買い換えれば?と思うのですが
重い腰がなかなか上がらないご様子です。
少なくともぼくの写真に関してはデータ移行をして保存方法を変えているのである程度は大丈夫ですが
それにしても心配。

メカに弱い飼い主さんですが、時代の波に置いて行かれる前に
何らかの行動をしていかなければね。
そんなことを永遠のループのように考えているのでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました