器用なぼくと不器用な飼い主さん

About me
カメラ目線

お得意のカメラ目線。
名前を呼ばれてレンズを向けられたら
必ずぼくはカメラ目線をすることができます。
そして暫し静止。
ぼくが止まっている間にシャッターを切る飼い主さん。
この一瞬のタイミングを逃さずできると
しっかりとしたカメラ目線のぼくを撮影することができるんです。
技術なんて必要ない。
ぼくと飼い主さんの気持ちが通じてさえいれば
ある程度は上手に撮ることができます。
毎日毎日ぼくの写真を撮るのでメモリーにはぼくがいっぱいです。
今までたくさん撮ってきた写真。
整理しないとなぁ~
とは思っているようなのですが、どこからどう整理していいのか悩んでいるようです。
あまりにも膨大な量で手がつけられない状態。
またどのファイルにどの写真をしまったのかもうすでにわかっていません。
とにかく撮り溜めている状態。
どうにかしないとね・・・
理想は日付などの順に並べたり、旅行の写真などはそれ専用のファイルを作ったりして
見た目もすっきり、過去の画像を見返しやすいようにしたいとは思っているのですが・・・
そういうのがめっきり苦手な飼い主さん。
まさにズボラが全面にでてしまっています。
物の管理ができないからよくよく紛失事件を起こします。
特に大事な物ほどしまい込んでしまい、
どこに置いたのかわからなくなる・・・
ありがちなことです。
なるべく物は増やさない。
場所を決めて毎回同じ場所に戻す。
書類は溜め込まずにこまめに整理する。
そういう風に普段から心がけられればいいのですが。
なかなか心の余裕が生まれないとできない。
今は便利な世の中。
人の手を借りたり、機械の力を借りたりすれば
もう少しマシになるのかもしれません。
ただただ自分の中に溜め込んで、できない、できないと悩んでいるのではなく、
たまには手放して『頼る』という選択肢をしてみてもいいのではないのでしょうか。
ぼくはそう思うんだけれど・・・
そのあたり。飼い主さんもぼくのように器用になってくれればいいのにな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました