ちゃんと見ているよ

About me
よく食べる

一生懸命歩いたお散歩の後に食べるごはんは格別です。
とっても美味しくてあっという間に食べ終えてしまうぼく。
ごはんの時間は一瞬で終わってしまいます。

ぼくが食べているときは飼い主さんが近くで見守ってくれています。
時々声をかけてくれたり、ぼくが食べている様子をうかがったりしてくれるのです。
飼い主さんが近くにいると安心して食事をすすめることができます。
また時には飼い主さんに甘えて一粒ずつ手に取ってもらうこともあります。

ぼくにとって飼い主さんは大事な存在。
いなくなると困るのでいつも飼い主さんを目で追います。
食事の時もそう。
ごはんに集中していると思いきや意識を二分割して
一方をごはんにもう一方を飼い主さんに向けています。
だから飼い主さんが違うところに行こうとしてもすぐに阻止できます。
こうやってぼくはいつでも飼い主さんを意識しながら生きているのです。

見ていないようでしっかりと見ている。
それがぼくです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました