ぼくは王様

About me
このブランケットも離さない

ベッドカバーとして使っているブランケットもぼくのお気に入り。
お洗濯して綺麗になったのをぼくに貸してくれました。
ふわふわしていてなんだか雲の上で寝ているような心地よい寝心地。
思わずウトウトしてしまいました。

飼い主さんは少しだけぼくに貸して、そのあとはまたベッドに戻そうとしていたようなのですが、
ぼくがあまりにも気持ちよさそうに寝息を立てているものだから特別にそっとしておいてくれました。

ぼくのお気に入りグッズは日に日に増えています。
ぼくが少しでも快適に過ごせるように飼い主さんが色々なものを用意してくれるのです。
たとえそれが飼い主さんの愛用品であってもぼくが気に入れば譲ってくれます。
ぼくのものはぼくのもの。
飼い主さんのものもぼくのもの。
どこかの国の王様になった気分です。

おうちの中ではぼくが王様。
ぼくの好きなようにできます。
飼い主さんがぼくの望みを何でも叶えてくれます。
でもわがままな王様ではありません。
ちゃんと飼い主さんの言うことはちゃんと聞いています。
偉いでしょっ
ちゃんと分別ある王様なのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました