お花を愛でる飼い主と犬

About me
花を愛でる

お散歩中に季節の草花を観察するのが好きです。
何よりも季節感を感じる季節のお便りだと思います。
特に春先から夏にかけては様々なお花が次から次へと咲いていくのでとっても楽しいです。
桜、みずき、ツツジと歩いているだけで楽しめます。
そして今はあじさいが咲きそうです。
今年は早くも梅雨の時期が訪れ、雨の日が続き気持ちがどんよりしがちですが、
唯一この時期の楽しみがあじさいです。
いつの間にか辺りを華やかにすべく満開となるあじさい。
色合いもブルーや紫、ピンクととても綺麗です。
昔はあじさいなんか気にもとめていませんでしたが、
最近はその美しさに目を奪われることがよくあります。

あじさいの魅力に取り憑かれるようになったきっかけは
やはり生け花でしょう。
普段のお稽古では登場することはありませんが、
お家元のお手伝いで撮影用や展覧会用の花生けをする際に
あじさいと出会いました。
咲いているまさにそのときも淡く綺麗ですが、
まだ緑の段階でも素敵ですし、枯れかけた褪せた色合いも美しいです。
あじさいは淡い色合いですが、茎はしっかりしており、大輪をちゃんと支えています。
美しさの中にある真の強さが窺えます。

このように生け花をきっかけにお花の魅力に気づくことができていることに大きな喜びを感じています。
正直に言うと今までは咲いていると綺麗ですが短く儚い花の命を考えると終わりを感じてしまい、
あまり好きではありませんでした。
枯れるという事実を老いのように感じてしまっていたのです。
だからおうちに飾るのならドライフラワーか造花。
そういう風に思っていました。
でも生け花を通じて、限りある命の素晴らしさに気がついたのです。
また花の変化も楽しむようになりました。
生け花ってすごいな。
人の考え方まで覆してしまうほどの影響力がある習い事だと思います。

そう、飼い主さんは生け花という習い事が大好きなのです。
そしておうちに帰ってくると楽しそうに花を生け替えています。
そんな様子をいつも間近で見ているぼく。
いつの間にかぼくもお花を愛でるのが好きになっていました。
おうちでもお外でも出会えるお花たち。
いろんなお花を見て匂いをかいでぼくなりに楽しんでいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました