横断歩道の渡り方

Let's go for a walk
信号待ち

お散歩中には必ず横断歩道を渡るタイミングがあります。
赤の時は止まって待つ、そして青になったら進むということは
もう承知の上です。
信号が変わるまで暫し待ちの状態です。
横断歩道の手前で飼い主さんが歩を止めると
あっ、赤なんだなと認識できます。
そしてぼくも飼い主さんに倣って立ち止まる。
早く渡りたい気持ちをなんとか抑えながら待ちます。
まだ?まだ??
飼い主さんの方を振り向いて伺います。
目の前を行き交う車たちがピタッと止まったら
ぼくたちが進んでいい合図です。
青になったんだということがわかると
ぼくは真っ先に進んで行きます。
凄いスピードで走り抜ける時もあれば
小走りで進むこともあります。
今日は小走りで。
横断歩道の途中で止まると危ないので
ここはスムーズに前だけを見て進んで行きます。
まるで徒競走のよう。
だから渡り終えたときにはゴールしたような感覚になります。
ゴールテープでも切ったかのようにいちばんで向こう岸に到着。
これがぼくの横断歩道の渡り方です。
危ないところは時間をかけずに即座に進む。
それがぼくのお散歩の鉄則なんです。
渡ってしまえばこっちのもの。
あとは優雅に道草をしながら歩道を歩いて行くのでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました