今生の別れ

trimming
trimming

スッキリしてきました。
恒例のトリミングDAY。
ブルブルと震えながらサロンへ向かう道中。
歩いてもいいよ、と言われましたがそんな気も起こらず
抱っこで向かいました。
今月もこの日がやってきてしまったのか・・・
サロンにもお姉さんたちにも大分慣れましたが
何といっても飼い主さんとお別れしなければならないことが辛い・・・
サロンにぼくを置いて出て行く飼い主さんを
寂しそうな目でじっと見つめます。
すぐに迎えに来てくれることはわかっていますが
それでも寂しい。
一緒にいてくれればいいのにな。
このお別れの時がこの世の終わりのような絶望感に苛まれるのです。
まるで今生の別れのよう。

飼い主さんの姿が見えなくなり、
トリミングのお部屋に入ってしまえば
もう諦めがついてお姉さんたちに従っていい子にしていられます。
おやつもくれるし、ぼくにとっても優しいしね。

あとは時が経つのをじっと待つだけです。
今回も頑張った甲斐があり
とっても綺麗になりました。
静電気で絡まった髪の毛も櫛通りがよくなりました。
体中からいい匂いが漂います。
あっ!飼い主さんが迎えに来てくれた!!
ぼくは走って駆け寄ります。
そして抱っこをせがむ。
バッグの中に入ってひと安心です。
緊張が一気に取れて
安堵感に満たされています。
早く帰ってゆっくりしよう~

帰ってきたぼくが気持ちよく過ごせるように
お部屋のお掃除をしてくれていました。
それからぼくのソファやブランケット、クッションなども
洗ってくれていてフカフカです。
今夜は飼い主さんと一緒にゆっくり過ごそう。
そう決めて飼い主さんの側からずっと離れないぼくなのでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました