ながら○○

About me
ながら寝

鹿の角VS睡魔
どちらもぼくの好きな事柄です。
大好きな鹿の角かじってみたものの
睡魔が襲ってきました。
もうちょっとガシガシ噛んでいたいけれど・・・
自然と瞳が閉じていく・・・
気づいたら鹿の角を咥えたまま眠りの世界へと突入していました。
どちらもやりたかったんだね。
そんな欲張りの可愛いぼくをみて
飼い主さんは思わず写真を撮っていました。

今回は睡魔の勝利かな?
でも熟睡とはいかない・・・
だって頭の片隅に鹿の角が気になって気になって仕方がないんだもん。
~ながら○○。
あまりぼくはしないほうです。
一点集中型ですから。
だからこういう姿は珍しいのです。
飼い主さんは~ながら○○をよくしているみたい。
時間を有効活用していると言ってはいるものの
本当にそうなのかな?
逆に時間がかかってしまっていたり、
どちらにも集中できておらず、結局どっちつかずになっているような?
あまり効率がいいようには見えません。
何事も一つひとつ着実にこなしていく。
それこそが一番の近道のように感じます。

あれもこれも気になってしまう時もありますが、
ひとつずつ手をつけて、
段取りよく進めていくようにしていきたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました