初めての写真

About me
初めての写真

車で向かった先は、先ほど電話をしていたママのところ。
飼い主さんのママに初めて会いました。

ぼくを見るなり、かわいいの連呼。
そしてぼくの小ささに驚いているようです。
そう、このときのぼくは片手に乗るくらいの大きさだったのです。

挨拶もそこそこに、ママも車に乗り込んで、さらに移動するようです。
到着した場所は、ママのお友達の家です。

そこには柴犬がいて、ぼくはその子に圧倒されて委縮してしまいました。
なにせぼくより大きい身体で、とにかく元気いっぱい。
ぼくはどう対応していいのか、困り果てていたら、飼い主さんが助けてくれました。
どんな時も守ってくれます。

ママのお友達の家から何やら大きいものを運び出し、車に積んでいます。
その家で使わなくなったゲージをたまたまもらい受けることができたのです。
これがぼくのあたらしいお部屋になるようです。

夜も遅くなってきたので、長居はせずにママを送り届けて、
やっとおうちに戻っていきました。

おうちについて早速、ぼくのお部屋を設置してくれました。
トイレを置いて…。
ベッドがないことにこの時気付いたようです。
とりあえず、ぼくが寝やすいようにタオルを敷いてくれました。

そして、ようやく落ち着いて、この家にきて初めての写真を撮ってくれました。

ぼくにとって本当に長い一日が無事に終わろうとしています。
明日からどんな生活が待っているのだろう。

まずは疲れたので、眠りにつこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました