わかりやすい表情

Uncategorized
いつもねむい

ぼくはだいたい終始眠いです。
暇さえあればうたた寝をしたり、昼寝をしたり…
まさに自由気ままです。
ぼくはなんだかんだ表情に気持ちがあらわれます。
嬉しい時、怒っている時、淋しい時、悲しい時、眠い時、気持ちが冴えている時…
だいたい顔にあらわれるので飼い主さんがぼくの気持ちを察してくれます。
わかりやすいでしょっ?

人間の言葉をしゃべれないぼくとしては想いを伝える手段として
表情を有効活用しています。
それによって飼い主さんやその他の方々にぼくの想いを知ってもらっているのです。
だからぼくの写真を見て、この時はどんな気持ちなのかな~と考えてみていください。
結構当たってると思いますよ。

お犬様を含め、動物にもそれぞれ表情があるのだと思います。
よくよくお顔を覗いてみると、動物の気持ちに気が付けるのかもしれません。
ちょっとでも歩み寄ることで動物との共存がより楽しくなるのだと飼い主さんは信じているようです。

言葉と言葉でやり取りしてキャッチボールを楽しむのもお互いのことを知るのには大切なことですが、
目に見えない心と心のつながりを感じるために表情や行動をよーく観察してみるのも大切なのだと
あらためて思います。
それは、結構楽しいもので、そうすることで相手への思いやりや愛情がより深まるのだと思います。
飼い主さんはぼくの想いを汲み取ろうといつも色々な努力をしてくれています。
と同時にぼくも飼い主さんも気持ちを汲み取ろうと頑張っています。
そのために飼い主さんの言葉を覚えたり、飼い主さんの表情をよーく見たりしています。
飼い主さんが悲しそうな時はそっと隣に寄り添い、楽しそうにしている時は一緒になって喜びます。
そうすることで少しでも飼い主さんの役に立ちたいのです。
ぼく以外のお犬様もきっとそう思っているはずです。
互いに思いやるって本当に大切ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました