起こさないように・・・

About me
起こさないように

起こさないように音を立てずに近づいてくる飼い主さん。
そして気づかれないように背後から写真を撮る。
よしよし、と思っているでしょう。
でもぼくは気づいているんだよ。
寝ていると見せかけてしっかりと察知しているのがぼく。
ねっ、敏感でしょ?
飼い主さんが思っている以上にぼくは身の回りのことに気遣って生活しているのです。
前にしか目はついていませんが、
まるで後ろにも目があるかのように動きを感知することができます。

飼い主さん、そこにいるのはわかっているのです。
そしていまからぼくの後ろ姿を写真に収めようとしていることも。
すべてがお見通しなのですよ。
まぁ減るものでもないからこのままじっとしていてあげよう。
飼い主さん、写真が撮りやすいでしょう。
ここまで先回りをして考えているぼくは
とっても聡明なのです。

いつもいつも飼い主さんのことを考えて、
困らせないように、迷惑をかけないように気をつけているぼく。
偉いでしょう。
だから飼い主さんはペットを飼うことがそんなに大変なことだとは思っていないみたいです。
いいんだか、悪いんだかね・・・
手のかからないお利口さんのぼくにとっても助けられているということを
忘れないでいてほしいです。
これが普通ではない、特別なのだということを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました