内弁慶なぼく

About me
トリミングしてきました

月に一度のトリミングDAY。
今月も行ってきました。
今回もいつもと同じようにオーダーして始まりました。
飼い主さんはぼくを置いて早々におうちに戻り、
ぼくが帰ってくるまでの数時間で部屋中のお掃除をしたそうです。

ぼくは観念したかのように大人しくトリミング台へ。
こうなると逃げようがないのでもう仕方がありません。
トリマーさんのいうことを聞くのみです。

いつもだったらぼくのトリミングが終わって
飼い主さんが迎えに来るのを待つという感じなのですが、
今回は飼い主さんのお迎えの方が早く、
ぼくが切ってもらっている様子をガラス越しで見ることができたみたいです。
トリミング台に立って大人しく顔周りの毛を短く切ってもらうぼく。
トリマーさんの手が離れるとすかさず腰が引けてフセの状態になってしまうぼく。
そんなぼくの様子をみてニコニコしている飼い主さん。
無事にトリミングが終了してピンクの蝶ネクタイを付けてもらったら
ソファに座っている飼い主さんの元へ。
ぼく、頑張ったでしょ?偉かったでしょ?
早く帰ろうよ。
飼い主さんから離れないようくっついて一生懸命に話しかけます。

飼い主さんはお会計を済ませて次回の予約をし、店員さんと話しています。
お耳の毛がだいぶ伸びてきてウサギさんようだと言う店員さん。
おうちではぴょんぴょん飛び跳ねているので本当にうさぎのようだと話す飼い主さん。
サロンでは腰が引けていつも大人しくしている臆病なぼくなので
おうちでのわんぱくな様子が信じられないようで店員さんは非常に驚いていました。
そう、ぼくは内弁慶。
おうちでの様子とお外での様子が全然違うのです。
まぁどちらも本当のぼく。
いろいろなぼくの様子が見れて飼い主さんは嬉しいようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました