いい子で待っていたよ

About me
天使ちゃん

おうちが大好きなぼくは本日もおうちの警備隊として活動しています。
あるときは玄関へ
あるときはベッドルームへ
またあるときはリビングルームへ・・・
おうちのあらゆるところを歩き回って確認をする。
今日も異常なし。
これで落ち着いてソファでゆっくりできるわ。
さぁ気持ちよく眠るとするか。

飼い主さんがおでかけ中、ぼくは警備をしたり眠ったりお水を飲んだりして
のんびりと過ごしています。
そして飼い主さんが帰ってきたら・・・
すかさず起き出して飼い主さんの側に駆け寄ります。
待ってたよ、遅かったね。
もう待ちくたびれちゃったよ。
飼い主さんにスリスリして尻尾を振りながら歓迎します。
それで目と目で一日に起こったことをお互いに報告するのです。
今日もぼくね、とってもいい子にしていたんだよ。
偉いでしょっ?!
と飼い主さんに訴えると
飼い主さんはとっても偉かったね、と言いながら
ぼくをくしゃくしゃっと撫でてくれます。
それが嬉しくって嬉しくって。
ぼくは何回もやってとおねだりをします。
ぼくが飽きるまで飼い主さんは付き合ってくれます。
そのくらいしてもらわなきゃね。
だってぼくはちゃんとお留守番していたんだもん。
一緒にいられる時間はとことん甘えて過ごすんだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました