愛について

About me
今日も相変わらずかわいいチロ

今日も最高に可愛いチロ。
毎日飼い主さんはぼくの顔を見てそう言います。
そんなに可愛い??
という思いと飼い主さんの言葉に一生懸命耳を傾ける思いを込めて
ぼくは首をかしげます。

そんな姿も飼い主さんにとっては可愛くみえるよう。
とにかくぼくのすべてが大好きなんだそうです。

飼い主さんはわりと熱しやすく冷めやすいタイプで
何でもやってみたり、新しいものを手に取ってみたりするのですが、
すぐに飽きがきてしまい、なかなか長続きすることはありません。
何でも中途半端な人生。
そんな代名詞がつくような生き方をしているように感じます。
そんな飼い主さんが相も変わらずぼくを一番に愛してくれるなんて思いもしませんでした。
飼い主さん自身も驚いています。
気持ちが変わらず、むしろ日に日にぼくへの愛おしさが風船のように膨らむ一方なのです。
この風船はいつまで膨らむのでしょうか。
いつか空気を入れすぎてパンクしてしまわないか心配はありますが、
今のところそのような気配は全くと言っていいほどしません。

ぼくと出会って飼い主さんははじめて無償の愛というものを知ったようです。
ことばではわかっていたけど、実感として理解する愛というものの偉大さに
素晴らしさを感じています。

飼い主さんの愛読書の一つに聖書がありますが、
聖句にある愛の意味をあらためて思い返すとその言葉の一つひとつが
心に染みわたります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました