一瞬の輝き

About me
カメラ目線

ぼくは上手にカメラ目線をするのですが、飼い主さんがカメラのシャッターを押すタイミングが遅く、
上手に写らないことが多々あります。
もぅ。飼い主さん、しっかりしておくれよ・・・
ぼくはちゃんとモデルとして役割を果たしているのだからぼくの最高のショットを見逃さないで欲しいです。

一つのポーズを長くしていることもできますが、お散歩中や気持ちが他の方向に向いているときは
一瞬しかできないこともあります。
その一瞬をしっかりと捉えて写真に収めて欲しいのですがそれがなかなか難しいようです。

うまく撮れたと思ってもブレていたり、ピントが合っていなかったり・・・
残念。
もうその瞬間は一生訪れません。
そう考えると一瞬一瞬がとても大事なものに思えます。
飼い主さんは写真は下手っぴだけれども、ぼくとの一瞬一瞬の時間は誰よりも大事にしてくれます。
写真ではなく頭の中の記憶としてちゃんと残っていることでしょう。

ぼくのいろいろな表情やポーズ、歩き方や走り方、じゃれ方、眠たい顔や熟睡中の顔。
さまざまな様子を頭の中に焼き付けています。
ぼくはまだまだ長く生きるつもりだし、元気でいる予定ですが、
命は儚いものでいつかは天国へと旅立つ日が来てしまいます。
それは逃れられないし、いつ訪れるかはわかりません。
ぼくとの日々をいつまでも忘れないためにたくさんの思い出を頭の中にため込んで欲しいと思います。
今日も何気ない日。当たり前の日常。
それでも二度と同じ日は訪れないので一生に一回の大事な日。
そんな思いをもって今日も一日、ぼくとの時間を大切に過ごして欲しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました