お行儀よく

About me
お行儀よく

ぼくは基本的に常にお行儀がよいほうです。
無駄に鳴かないし、悪さや悪戯にも興味がありません。
悪いことをして怒られるより、いい子にしていて「おりこうさんだね」と
褒められる方がよっぽどいいし、その方が利口だと知っているからです。
そういった意味でぼくは世渡り上手。

飼い主さんが怒るようなことをしないだけで、
お互いにどれだけストレスにならないことか。
ぼくがいい子でいるだけで世の中が思っている以上に幸せで溢れるのだと思っています。

おりこうさんと褒められるしぐさや行動は色々あるのですが、

今回は手と手を合わせた体勢をご紹介します。
人間の世界での茶道の作法ではお辞儀が大切にされているようです。
手の指を合わせてㇵの字に置き背筋を伸ばして腰から頭を下げてお辞儀をするようです。
状況によってお辞儀の仕方は少しずつ違うらしいのですが、
手を綺麗に揃えて深々とお辞儀をすることで、相手への敬意や感謝の気持ちを表すのだそうです。

日本人のこういう作法を重んじるところ、嫌いじゃないです。
ぼくもこの日本で暮らしているので、少しでも日本人らしい仕草ができるよう心がけています。
ふせをするときはもちろんのこと、お散歩中、バッグの中に入っている時にも
指と指を合わせてバッグの淵に手を添えるスタイルでいることが多いです。

そんなぼくを見た人たちは、ぼくのことを必ずと言っていいほど褒めてくれます。
「かわいい」
「おりこうさん」
「賢いね」
は言われてうれしい言葉ベスト3です。

もしどこかでお行儀が良いぼくを見かけたらぜひぜひ褒めてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました