大好きなお布団

About me
お布団大好き

お布団が大好き。
フカフカであったかくってぼくを優しく包んでくれる。
真っ白いシーツに白いお顔のぼく。
なんだか同化しているみたい。
そんな布団に自分で上手にくるまって眠っています。
飼い主さんがかけてくれるときもありますが、
独りでいるときは自分でお布団を使いこなせるようになったのです。
自分でできることがまた増えて嬉しい。
いつでも成長が見えるぼく。
すごいでしょ。
自分で潜りながら最適な位置を探して横になる。
とっても気持ちがいいです。
だいぶ季節も変わってきて寒くなってきたので
より一層お布団の気持ちよさが身体に染みわたります。
ここにいるとすぐに眠たくなるんだよな。
お布団にはぼくを夢の世界に連れて行ってくれる魔法がかけられているかのよう。

お散歩で一生懸命歩いて、ごはんを思い切り食べた後の至福のとき。
このお布団があればぼくはもう何もいらない。
飼い主さん、しばらくは静かにしていてね。
ぼくの眠りの時間を邪魔しないように飼い主さんは静かに音を立てずに作業をしています。
いつもだったら感覚が敏感でちょっとの音でも起きてしまうのですが、
今日はなんだか眠気の方が断然強い。
寝息を立てながら深い眠りができそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました