警戒心がありません

About me
くっつきたい

飼い主さん以外の方にもくっついていたくなります。
飼い主さんのお友だちは本当に優しい人ばかり。
たくさんたくさん可愛がってくれます。
ぼくを優しくなでてくれるのです。
それがあまりにも気持ちが良くてついついお腹を見せて
「もっと触って~」とおねだりをしてしまいます。
相変わらず無防備なぼく。

人間に対しての警戒心があまりにもなさすぎです。
幸せ者の証拠なのでしょう。
中には辛い経験をしたがために人間に対して警戒心や恐怖心を
持ってしまう子もいるそうです。
時々そのような子が保護されて人間と共に生活をするようなドキュメンタリーを
TVで放映していますが、かわいそうで見ていられません。

辛すぎます。

以前までは飼い主さんは動物関連のTV番組に興味がなく、
好んでみることもなかったみたいです。
ところが、ぼくと出会ってからは動物、特に犬が特集されていると
思わず目を留めてしまうようになりました。
そして辛い場面をみると感情移入をして、涙を流すのです。

そんな飼い主さんを見て、ぼくもなんだか悲しくなって飼い主さんの傍に行って
ペロペロと舐めてぼくの心も飼い主さんの心も癒すのでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました