たかがお水、されどお水

About me
水はたくさん飲む方

ぼくはお水をたくさん飲む方です。
喉が渇いたという感覚があるというのか、ちゃんと自ら水を欲して一日になんかも水飲み場へ足を運びます。
飼い主さんはぼくがお水をあまり飲まなかったらどうしよう、と心配していたみたいです。
人間も犬も水は一日相当量飲む必要があるようで無理矢理飲ますのもかわいそうなので、
ちゃんと自分で欲しいと思って飲んでほしいと思っていたみたいなのです。
どうやらその心配は取り越し苦労になったよう。
ぼくはちゃんと水を飲める子ですから。

ぼくは小さいときに虚勢の手術をしています。
手術は成功、経過も良好で何の問題もないのですが、
先生からは以下2点に気をつけるように言われました。

○太りやすい体質になる恐れがある
○水を飲まないと尿結石の恐れがある

これを聞いた飼い主さんは、心配で心配で日々気をつけるようになりました。
太らないようにダイエット用のお食事に変え、おやつの量も制限。お散歩をできる限りたくさん歩いてカロリー消費に努めるよう努力しています。
またお水は常においしいものをぼくのために用意してくれています。
尿結石になったら痛い思いをしてしまう。
そんな思いをぼくにして欲しくないと、特に気をつけてくれています。

病は極力通りたくない道です。
ぼくがいつまでも健康で元気でいられる手助けも飼い主さんの大事な仕事。
ぼくが苦しい思いをしないよう、未然に防げるものはすべて防ごうとしてくれています。
その思いに応えるかのようにぼくも自分の健康に少しは配慮するようになりました。

たかがお水、されどお水。
これを毎日飲むのと飲まないのとでは大きな差が生まれてしまいます。
ぼくはこれからもちゃんとお水を飲んで飼い主さんの言うことをきいて健康な身体を保っていきたいと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました