待てる犬

About me
待っています

ごはんの前はちゃんとお座りして待っています。
飼い主さんから言われなくてももういつものルーティーンなのでちゃんと座って待っていられます。
飼い主さんがいいって言うまで勝手に食べたりはしないのです。
そのあたり、とてもお行儀がいいと褒められます。
待つということは幼少期の頃に覚えて習得してからはちゃんとできています。
どんなに興奮していてもそれだけはちゃんとやる、健気なぼくなのです。
だって飼い主さんとのお約束だから。
それにちゃんとできると美味しいごはんが食べられるし、飼い主さんにいっぱいいっぱい褒めてもらえる。
そしてなによ、飼い主さんが喜んでくれます。

飼い主さんの喜びはぼくの喜びです。
だからちょっとの我慢もできるのです。
ぼくも愛されているけれど、飼い主さん、あなたもちゃんとぼくに愛されているのですよ。

だから辛いことや苦しいことがあっても前を向いて歩いていってください。
おこりんぼう、イライラしている飼い主さんより、優しいお顔の飼い主さんの方が断然いいですよ。
何かあってもぼくが支えてあげるから大丈夫。
だから今日も一日、乗り越えていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました